68000

元々が8ビット機世代なので、68000といえばとんでもなく高性能というイメージがあったが、改めて調べてみると、MIPSベースではあるものの、68000@8MHzを1.4として、セガサターンのSH-2ですら25(下記の表からはなくなっているが、別のソースによると)、ドリキャスのSH-4@200MHzにいたっては360とのこと。

https://en.wikipedia.org/wiki/Instructions_per_second

発売年を見てみると68000が1979年に対して、SH-4は1998年と20年以上の開きがあるのだから当たり前と言えば当たり前。

ドリキャスと言えばSH-5とかSH-6が載ったドリキャス2を夢見ていたが、SH-5以降は開発されなくなり、セガもハードから撤退してしまったのを思い出した。

2022年12月時点で上記のWikiで一番速いAMD Ryzen Threadripper 3990X (64 core)はあくまでもmulticoreの値ではあるが、約235万と68000@8MHzの約170万倍弱。

こういう値を見ると、過去のハードは色々と情報をオープンにしてもらってどんどんエミュレータという形で過去資産を残していけるようにすれば良いのに、とか思ってしまう。

実践としての統計学 - 3

ひとまずざっと一通り読み終えた。第五章が、用語の違いには戸惑いつつ、一番共感ができた。

でも、分かったのは、いったん理論的に深いところまで理解したい、という目的にはあまり役に立たないな、ということ。それとは別の価値があるのでまあまあいい本だとは思うけれど。

X68000パーフェクトカタログ(前田 尋之)

これは実物の書籍を購入した。

実機を所有したこともたぶん触ったこともないけれど、出た頃は憧れのPCだった。

で、そのミニ版というか、正規のエミュレータマシンが出るということなのでついつい買ってしまった。

しかし、期待していた、X68000に対する熱い思いはさほどは書かれておらず、ほとんどがソフトの簡単な紹介で占められている。

ネット上では例えばOh!MZの、ちょうどX68000が発売される前後の時期のものが見られるので(著作権的にはアウトだろうけれど)、やはりその当時の熱気がものすごいことが分かる。

そういうものを期待していたのだけれど、いかんせんコンピュータは時代と共に陳腐化の速度が激しく、68000というCPUなんて今や、なんだろう、家電のコントローラレベルの性能なのだろうか、そんなものなので、現代では熱く語りようがない、のかもしれない。

名探偵の証明(市川 哲也)

Unlimited。「屋上の名探偵」というのも読んでいて、こちらはまあまあ。「名探偵の証明」はどんでん返しのどんでん返しが評価されたのかな。
こちらも100点満点でいうと78点くらい。悪くはない。

ポータブル電源

前から買おうかどうしようかずっと迷っているもの。
自分にキャンピングなどの趣味があれば迷うことなく買っているのだろうけれど、万が一のための防災グッズとしては通常全く使い道がなく、それでは何万円もするものにお金を使うのがもったいない気がするので未だ買っていない。
しかし、災害はいつやってくるものやら知れず、起こったときには「買っておけば良かった」と後悔するのではないかと思うとやはり買わなくてはならないのかも・・・とも思ったりする。
ということでずっと迷っている。
ブラックフライデーで買うことがあるとすればこれかな。
でもたぶんいつの間にかセール期間が終わっていて買わずじまいで終わりそう。

Amazonブラックフライデー

がはじまったけれど、買うものがない。

前回はボディソープを買ったけれど、今回は対象になっていないようだ。

他も値引き幅はしょぼいし、FireTVもタブレットもエコーデバイスももういらない。

やっぱり買うものがない。

実践としての統計学 - 2

なかなか読み進められていないが、第3章まできたところで、今のところは著者毎の特徴がはっきり出ているな〜、くらいの感想。

あとは、統計学は分野毎の用語が本当バラバラ。第三章の「無作為配分」は自分の領域だとランダム割付とは無作為割付とか、その他「干渉変数」も「交絡因子」とか。