Redmineをローカルにインストールする

必要なもの


0) 日本語環境のUbuntu20.04または22.04
1) バージョン3.1.XのRuby
2) Apache2
3) メール送信サーバ postfix
4) Redmine + PostfreSQL

1)たぶんUbuntu22.04であってもaptでインストールされるのは3.0.Xなので、rbenv経由でインストールする

https://qiita.com/kerupani129/items/77dd1e3390b53f4e97b2

2024/2/22時点では3.1.4が3.1.Xの最新版なのでそこだけ変更する

 

2)については4)の手順に含まれているが、公開する場合はSSL対応が必要となるので、Apache自体はインストールされたとして、

https://www.server-world.info/query?os=Ubuntu_22.04&p=ssl&f=2

を参考に、Let'sEncryptから証明書などを取得し、

sudo vim /etc/apache2/sites-available/default-ssl.conf

SSLCertificateFile      /etc/letsencrypt/live/[サイトアドレス]/cert.pem
SSLCertificateKeyFile   /etc/letsencrypt/live/[サイトアドレス]/privkey.pem

SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/[サイトアドレス]/chain.pem
             
と記載する。その後、SSLを有効化するために

sudo a2enmod ssl
sudo a2ensite default-ssl
sudo service apache2 restart

 

3)については

https://www.server-world.info/query?os=Ubuntu_22.04&p=mail&f=2

を参考にまずDovecotをインストールし、次に

https://www.server-world.info/query?os=Ubuntu_22.04&p=mail&f=1

を参考にPostfixをインストールする。ちなみにoutbound port 25が許可されていないと、実際にはメールは送信できない。

また、/var/log/mail.logを見るとメールが送信できない場合が見つかるが、たぶん

qiita.com

で対処可能。

 

4)については

https://blog.redmine.jp/articles/5_0/install/ubuntu/

を参考にインストールするが、1)でインストールしたRubyがsystem-wideなものではないので、

Redmineのダウンロードの項目で

sudo mkdir /var/lib/redmine
sudo chown www-data /var/lib/redmine
sudo -u www-data svn co https://svn.redmine.org/redmine/branches/5.0-stable /var/lib/redmine

となっているところは

sudo mkdir /var/lib/redmine
sudo chown 自分のユーザアカウント /var/lib/redmine
svn co https://svn.redmine.org/redmine/branches/5.0-stable /var/lib/redmine

でインストールし、「gemパッケージのインストール」も

bundle install

と、sudoではなく、インストールし、

「セッション改ざん防止用秘密鍵の作成」以下も

bin/rake generate_secret_token

RAILS_ENV=production bin/rake db:migrate

gem install passenger -N

passenger-install-apache2-module --auto --languages ruby

とsudoなしで作業を行う。そして最後に

sudo chown -R www-data:www-data /var/lib/redmine

とする。たぶんここまでの作業を行うと、Redmineは起動する。

VirtualBox上のUbuntu22.04の画面が乱れる

確か、Ubuntu22.04をアップデートしてからだと思うけれど、画面が乱れて使い物にならなくなった。
調べてみるとどうやら最新のカーネルVirtualBoxのグラフィックドライバと合わないらしい。
カーネルのバージョンダウンもできるのかもしれないが、面倒なのでUbuntu20.04に戻ることとした。

崩壊スターレイル - 7 -

相変わらず元アカウントはやることがなく、ヒマ。

でも追加の方もそろそろやることがなくなってきた。いや、コンテンツは残っているけれど、だいたい先が見えてきた、というか、これ以上はレベルが上がらないとこなせない、けれどレベル上げには開拓力が必要で、それは待たないとたまらない。

う~む、この形態だとついていく人たちは限られる気がする。

崩壊スターレイル - 6 -

結局ブラックスワンは元のアカウントでも後で追加したアカウントでも両方引けた。追加の方ではさらに飲月もひけたけれど、こちらはあまり使っていない。

ちょっと面白いのが、加入した時期によって新規キャラが異なっているために、よく使うキャラが全然違うこと。

元のアカウントはアルジェンティとルアン・メェイが新規キャラだったためにそれが中心キャラになっているのに対して、追加アカウントはDrレイシオとブラックスワンが多くの場合入っている。

そしてどちらでも主人公(炎)が入っている。やはり薄いとは言え、全員にバリアが張れるのは貴重。

実際のところ、育成が進んでいると後から新キャラが入ってきても同レベルまで育成するのがえらく大変なので、よっぽどのことがないと実際には使わない…かもしれない。

でも花火が出るとまた引きたくなるかもしれない。そのために追加アカウントの方では星玉を跳躍3回分ほど留保している…けれど気が変わって使ってしまうかもしれない。

 

あと、このゲームではキャラ以上に武器、このゲームで言う光円錐の入手が難しい気がする。

崩壊スターレイル - 5 -

新たなコンテンツ追加に伴い(?)、いろいろと宣伝が行われており、その一環としてフレンドがどうこう、というのがあった気がした。

なので、追加でアカウントを作成して一からやり直している。このアカウントをメインアカウントのフレンドとした。

で、やはり、最初は次々にクエストが発生して、「こんなのやりきれん!」という状態だったのを再確認した。

というのは、レベル70台あたりに差し掛かると、はっきり言ってやることがなくなる。いや、なくはないのだけれど、デイリークエストと模擬宇宙の周回、あとはキャラ成長、光円錐成長、遺物成長のためのバトルあたり?

で、模擬宇宙周回は本当はしんどい。もらえるものは些少だし。