進歩無し

PowerMac7600というMOに入っていたデータを色々見ていると、Word/ClarisWorks/PascalWriteなどで書かれた日記が残っていた。それによると、PascalWriteは途中で不具合のため使わなくなってしまったらしい。ちなみに先日PascalaWriteIIのシリアルも見つかって使えるようになっていたのだった。

後、当時HPをアップできる環境があったのか覚えていないが、今と同じような内容でHPを作っていたようで、本当に進歩がない。

f:id:kopo3:20210925093723p:plain

PowerMac7600の中は華奢だった記憶が

 

死者の甦り

というわけでもないけれど、PowerMac7600とかかれたMOは中身を見るとシステムフォルダがあり、どうやらブート出来そう。確かClassic MacOSはMOとかにシステムフォルダをコピーするだけでそのMOからブート出来た。ElCapitan上でディスクイメージを作成し、MOの中身をコピーしてSheepShaverのディスクの先頭において、さあブート。と思ったのだけれど、うまくブート出来ず、二番目のドライブからのブートになってしまった。さて、何が良くないのか。あれこれやってわかったことは、PowerMac7600とかかれたMOに入っていたシステムは8.0。で、8.0ではHFS+が認識できないのだけれど、ElCapitanで作成できるディスクイメージはHFS+で、HFSはマウントできるものの作成も書き込みもできない。そのため、一旦HFS+のディスクイメージをもう一つ作り、SheepShaver内でマウントし、MacOS9内でHFSでフォーマットし直して、そこにPowerMac7600のファイルをコピー。一旦SheepShaverを終了し、改めてこのディスクイメージをディスクの先頭に指定するとようやくブート出来た。どうやらデータのバックアップが主眼だったらしく、アプリ類が全然入っていないディスクなのだけれど、おそらく20年ぶり以上にブートしたシステム、ということになる。ちょっと感動した。

f:id:kopo3:20210925082208p:plain

20年以上ぶりにブートしたシステム

 

QEMUでMacOS 9.2.1

SheepShaverはmemory management unitを実装していないのでVer.9.0.4までのサポートということのようなのだけれど、どうやらQEMUを使えばMacOS9の最終バージョンである9.2.2までインストールできるらしい。ということで手元には9.2.1のインストールディスクがあったので試してみたところ、確かにインストールできた。でもSheepShaverに比較すると遙かに重たくて、常用したくなる感じではない。

後、割り当てメモリを1GBとかにしていると、コントロールパネルで仮想メモリをonにしようとしても「十分なメモリがあるので仮想メモリは使えません」と書かれていてonにできない。他にMacOS9においては最大利用可能メモリ容量が1.5Gであることも今回初めて知った。32bitなので本当は4GBまではいけるはずなのだけれど、何による制約だろうか。

Classic MacOS9からデータ移行

一時期は古いデータをSheepShaverでエミュレートしたMacOS 9上に集約することに努力を傾けていたのだけれど、どうやらこれ以上は古いデータは見つかりそうにないので、通常環境(Windows)でのバックアップに持ってこようとしている。すると問題が二つ。
一つは画像がPICT形式という、今ではmacOSでもサポートされなくなった形式のものが多数あること。これはGraphicConverterというソフトでJPEGに変換することでなんとかなった。それにしてもエミュレート環境で数千のファイルを処理するなんて、これまではできるかどうか半信半疑の作業が完了できたのはよかった。


もう一つは文字コードの問題。ファイルやフォルダ名に日本語が含まれている場合、MacOS9はWindowsのCP932とはまた別のShiftJIS+αの文字コード体系であったよう。そのため、MacOS9のファイルをイメージディスク上にコピーして、それをHFS/HFS+をマウントできるElCapitanにマウントした場合、マウントは可能なのだけれど、日本語が全て文字化けしてしまう。どうやらOS X Ver10.9あたりまではMacOS9の日本語ファイル名を自動的にUTF8に変換してくれていたようなのだけれど、10.10以降は変換のための関数自体がなくなったそうだ。なので、OS X 10.8をインストールしてその上で作業を行うことにした。ところが10.8からWindows共有サーバにコピーしようとすると、今度はSMBサーバにうまくつながらない。たぶん、SMBのバージョンの問題ではないかと思われるが、追求はしていない。なので、Windows上でIISftpサーバを立ててそこにfilezillaでアップすることにした。今度はうまくいった・・・と思っていたところ、1/5ほどのファイルがアップに失敗とのこと。見ると、97/10/15というようなスラッシュが入ったファイル/フォルダ名のファイルで失敗している模様。調べると、MacOS9まではフォルダの区切り文字はコロン(:)であったため、スラッシュ(/)が含まれたファイル/フォルダ名は許容されていたのが、OS Xになってからはスラッシュはフォルダの区切り文字となるため(ベースがUNIXなので)、表示上はスラッシュのままだけれど、実体としてのファイル名はコロンに変換されている、というややこしいことをしているからであることが分かった。Windowsはファイル/フォルダ名にコロンを許容しないのでftpでうまく転送できなかったわけであった。ということで、ネット検索して下記のようなPerlスクリプトでコロンを-(マイナス)に変換することでWindowsサーバ上にアップ可能となった。ただ、どうやら下記だとタイムスタンプが更新されてしまうようなので、将来的には更新しない形にできれば、と思っている。

 

use warnings;
use strict;

use File::Find;

my %rename;
find(\&replace_fn, shift);
for my $old (sort { length $b <=> length $a } keys %rename) {
    rename $old, $rename{$old}
    or warn "Cannot rename $old to $rename{$old}.\n";
}

sub replace_fn {
    ( my $new = $File::Find::name ) =~ s{:}{-}g;
    $rename{$File::Find::name} = $new;
}

Windows2000

古いCDの中から見つかったのでインストールしてみたWindows2000 Professional。当時は一番かちっとしたOSで、結構使ったように記憶している。でももはや最新のブラウザは走らないし、懐古趣味でインストールして動作確認する以外は使い道がない。アップデータはService Pack4までいろいろ探してかき集めたので、将来またインストールしたくなった時の準備はできた。
Classic MacOS9のデータはエミュレータがないと再現できないものが多いけれど、ゲームを除くとWindowsでどうしても動かしたくて最新のOSでは再現できないデータ形式というのがあまりない。ので、使い道がない。

f:id:kopo3:20210922050809p:plain

当時Windows9x系はなんちゃってOSだと思っていた

 

PC-9801LV21

エミュレータ一太郎を起動して思い出したのが、その昔PC-9801LV21というラップトップ型の98を使っていたこと。確か知人が「いらなくなったのでやる」と言ってもらったものだった。ネットで写真を検索するとすごい分厚い機械で、記憶と食い違う。でも確かにこの型番であっている。そうか、昔はこんなのをラップトップといっていたのか。すぐに太ももが悲鳴を上げそう。

液晶はモノクロで、しかも見にくい青色液晶。でも、これでTurboPASCALとか走らせてちょこっとプログラミングとかしていた。これでパソコン通信までやっていたかは覚えていない。パソコン通信と言えばMac上で茄子Rとか使っていた記憶があるが、DOSでやっていたっけ?

分厚い原因が3.5インチフロッピードライブを2基縦に積んでいるから、ということもあるけれど、これでフロッピーを出し入れしてはプログラムを動かしていたのか。

HDDをつないだかどうか記憶がないが、これも調べるとHDDを接続するためのポートがなく、HDDを使ったはずがない。

もののサイトによるとPC-98LTというPC-9801とは互換性の低いラップトップが不人気でエプソンのラップトップがよく売れているために焦ってPC-9801と完全互換という特徴だけで出したからスペック的に見るべきものがないらしいが、個人的にはコンピュータのあれこれを学習した気がする。

PC-9801Nというのがこの後継機種となるらしいが、そのさらに後に出たNC40が欲しくてたまらなかった記憶がある。でも調べると定価で¥73,8000で、当時買えたはずもなし。